ねこ達との日々の様子や、その日の出来事を気まぐれに綴って行きたいと思います。                命の大切さを教えられ、癒され、笑顔を貰っています。
2010年01月20日 (水) | 編集 |
ねこ友さんの所に入った情報です。

許せん・・・怒りがこみこみあげてきます。

鶴見緑地にて猫虐待事件が発生しました…

1月16日、午後7時頃
鶴見緑地において猫虐待事件がおきました。
ベンチに猫をたたき付け、
瀕死のところ四肢を骨折させるという残虐な手口。 

発見者のFさんは、警察に通報し現場検証を終え、私に連絡をくれました。 
現地に到着した時、猫の左目は少し飛び出し
左右の瞳孔の開き具合も違っていました。
ベンチに頭ををたたき付けた後、意識のある中、
手足を折られたのでしょう。 
猫は虫の息で、静かに息をひきとりました。 

被害にあった猫は一週間前に捨てられたチャトラのオス、
人が大好きで誰にでもスリスリする猫だったそうです。 

事件は餌やりさんが餌をあげ立ち去った直後に起きたと思われます。
犯人は猫が何時頃に餌を貰い、
何時頃に食器を回収にくるのかを調べて犯行に及んだのかもしれません!

この公園に関わらず、虐待のターゲットにされるのはいつもなつっこい猫です。
「ここなら餌を貰って生きていけるだろう」と安易な気持ちで猫を捨てる飼い主。
かわいそうだからと内外飼いする飼い主。 
この真冬の寒さを乗り越えるだけでも命がけ、
ましてこんな残酷な目にあうなんて。

不幸な猫をうみだすのは飼い主が捨てることや
飼い主が内外飼いすることから始まる。
私は改めて遺棄を防止することの重要性を感じました。
そして、この現実を動物に関心があるなし関係なく、
たくさんの人に知ってもらいたいと思います。


この子の元飼い主・・・あなたはこの子の命を何だと?
あなたの家族ではなかったのでしょうか?
こんな惨い殺され方をしたんですよ。
なぜ捨てたのですか。

そしてこの犯人・・・許せん

捨てる事は犯罪です!! 虐待は犯罪です!!



「こげんた」 を思い出しました・・・。悲しい・・
この話は実話です。

ママをさがして7こくらいよるをすごした。。
ママはぼくがきらいになったのかな?
ママはどこへいっちゃったんだろう。
すてられたの?
おなかがすいてぺこぺこになった。
しかたがないから ゴミすてばにいたんだ、
そしたら
おにいちゃんがきて ぼくをいえにつれていった
あたらしいおうちだとおもって 
とっても うれしかった。
おいしいごはんもくれたのに、、
なんで?
なんでぼくのしっぽをきったの?
なんでぼくのあしをきったの?
ぼく いいこにしてたよね
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/21(Thu) 13:02 |   |  #[ 編集]
私は思う。なぜこのような話を聞き涙が溢れてで止まらない人間もいれば、逆にそのようになついてくる自分より弱い生き物を平気で殺してしまう人間もいるのだろうか。同じ人間と言う生き物なのに、なぜこんなに違うのか。そうゆう人って家族を愛せるのか、自分を愛せるのか。生きていて幸せなのか。罪のない、純粋無垢な犬猫、そして子供達、虐待のターゲットはいつも自分より弱いが絶対の条件。そうゆう人にハッキリ言いたい。もっと堂々と生きろ!恥ずかしくない人生を送れ!あんなも死ぬときはベンチぶつけられて骨折れて死ぬんやね。
2010/01/21(Thu) 20:15 | URL  |  #-[ 編集]
許せない。悲しすぎます。こんなこと人間のすることじゃない。同じ命なのに。こんなことされるために生まれてきたわけじゃないのに。幸せになるために生まれてきたはずなのに・・・。
人間の身勝手さに心が痛いです。悔しいです。
2010/01/22(Fri) 22:49 | URL  | いくらのママ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
その通りだと思います。
家族に捨てられ、人の温かさを求める無抵抗なこの子になぜ?

心の痛みを持っていないのでしょうか?

善には善の報い、悪には悪の報い
2010/01/23(Sat) 00:17 | URL  | とらママ #-[ 編集]
いくらのママ さま
そうですよね・・・殺されるために生きてきたのではないですよね。
捨てられるために生まれてきたのではないですよね。

一握りの残忍な人間の餌食になったんですよね・・・悲しすぎます。
繰り返されることが無いように祈りたいです。
2010/01/23(Sat) 00:22 | URL  | とらママ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック